日揮触媒化成株式会社 JGC C&C
個人情報保護方針 | サイトマップ
HOME
PROFILE
PRODUCTS
触媒
ファイン
顧客価値の創出
ナノテク情報発信
求人情報
関連リンク
お問い合わせ
HOME > PRODUCTS > 触媒 > 触媒製品 > 脱硝
PRODUCTS: 日揮触媒化成の製品

脱硝

石油精製分野 : 流動接触分解 | 水素化処理
石油化学分野 : 水素化、脱水素 | 吸着除去 | その他、各種受託
ガス分野 : ガス精製 | 雰囲気ガス製造
環境保全分野 : 脱硝

脱硝

当社の脱硝触媒は、旧三菱油化(現三菱ケミカル)の特許に基づき1970年台初頭に自社開発したハニカム状の触媒です。1970年代に世界に先駆け日本で採用されて以来、当社は40年以上に渡り技術的な リーディングカンパニーの地位を築いています。
脱硝触媒は、NH3を還元剤としたSCR反応(Selective Catalytic Reduction: 選択的接触還元)により、被処理ガス中の窒素酸化物(NOx)を効率よく無害な窒素や水に分解する機能を有しています。
脱硝触媒の成分としては主に酸化チタンを担体として使用するバナジウム系ものが主流であり、当社は当該酸化チタンの適正化も図れ、酸化チタン担体製造技術及び触媒製造技術の両方を有する世界でも類を見ないメーカーです。
従い、当社は40年来培った実績を元に、処理ガス条件と要求条件に基づき適切な触媒設計を行い提案することが可能です。
その1例として、写真に示したセル数による用途別展開があります。石炭焚きにおいては、排ガス中に石炭由来の煤塵が多く含まれており、煤塵による目詰まりを防ぐためにセル数を15~25セルに設定しています。
LNG等のガス焚きにおいては、排ガス中に煤塵が殆ど含まれていないため目数を増やし、触媒量を減少できるように工夫をしています。
また、触媒の活性成分であるバナジウムはNH3の存在下で、NOxを還元する機能を有する一方で、排ガス中のSOxを酸化する悪影響があります。脱硝反応の際にSO2が酸化されSO3になると、後段の設備のトラブルにつながります。当社は、SO2の酸化を抑制も考慮した触媒設計が可能です。

当社取り扱いの脱硝触媒ラインナップ(代表的なもの)

セル数 (-) 15×15 20×20 25×25 30×30 35×35 40×40 45×45 55×55
断面寸法 (mm) 150×150 150×150 150×150 150×150 150×150 150×150 150×150 150×150
壁厚 (mm) 1.35 1.05 0.85 0.70 0.60 0.55 0.50 0.4
目開き (mm) 8.45 6.35 5.07 4.23 3.63 3.15 2.79 2.29
開口率 (%) 71.4 71.7 71.4 71.6 71.7 70.6 70.1 70.5
AP値 (m²/m³) 338 452 563 677 791 896 1004 1232
 
 

脱硝触媒のお問い合わせ

お問い合わせ先:ケミカル・環境保全触媒営業部 環境保全触媒営業グループ

TEL:044-556-9145/FAX:044-556-9131

メールでのお問い合わせはこちら

▲ このページのトップへ
(C)2008- JGC C&C. All rights reserved.